月別: 2018年9月

車買取時の査定ではどういうところが確認される?

自称車買取マイスターのヨシロウです。

今回は車を売るときの査定で見られるところについて触れていきたいと思います。ディーラー下取り時でも車買取一括サイト利用時でも役に立つ情報なので、覚えておくと良いでしょう。

まず、車の査定額というのは「ボディの状態」や「走行距離」、さらに「査定士や買取店のニーズ」によって決まってきます。当然、車体の状態が良好で走行距離が短いものが高額査定になりやすいのですが、「査定士や買取店がその車を欲しいかどうか」も意外と関わってくるのです。

例えば、同じ車でもカラーによって人気が異なります。人気のカラーの方が売れやすいので、査定額が高くなりやすいということですね。買取店によってもそのあたりの評価は違ってくることがあるので、複数業者に査定依頼をすることは非常に有効なのです。

また、外から見たボディだけではなく、内装や装備品、修理の履歴も確認されます。内装は掃除をして綺麗にしておくに越したことはないですが、修理歴はごまかせないので変に隠そうとしなくて良いでしょう。

ボディに関しては前面・後面・側面だけでなく、ルーフやスライドドア、ガラス、タイヤなども余すところなくチェックされます。

それから、初めて車買取を行う人が気になる部分に「傷の修理」があります。数年も乗っていると、ボディに引っかき傷みたいなものができてしまうこともありますよね。これをそのままで査定に出すのか、それとも修理してから査定に出すのかを迷う人が多いのです。

これは、「そのまま出す」がほとんどの場合正解になります!

車の修理はタダではできませんので、よしんば査定額が上がったとしても、修理費用の方が高くついてしまうことが多いからです。

だからと言って自分で修理をすると、素人の手ではきれいに修復することができず、却ってムラが目立って悪い状態になってしまうこともあります。

車買取に慣れていない人が陥りやすいポイントなので、ぜひ気を付けてください。

こういった情報は上手にまとめているサイトがいくつかありますので、実際に車買取で査定を依頼する前に一通り目を通しておいた方が良いでしょう。最近見つけたものですと、Dr.車買取というサイトがあります。

楽天オートなどの車買取一括サイトについても紹介されているので、確認してみてはいかがでしょうか。

車買取一括査定サイトのデメリットとは?

自称車買取マイスターのヨシロウです。

それでは今回は、車買取一括査定サイトの一般的なデメリットについて説明していきます。

一括査定サイトのメリットは最大で10社程度の車買取業者に査定依頼を一括で出せる点です。しかし皮肉なことに、このメリットこそがデメリットも生みます。

それは、「最大10社の業者とやり取りをしなければならない」という点です。

一括査定依頼をする際には基本的に電話番号を登録します。すると、当然ですが10社依頼したら10社から査定日程調整の連絡が入るのです。

休日1日では終わらないと思いますので、人によっては少し負担に感じる可能性があるということですね。

家に対応可能な家族がいて、その人が車に関して多少詳しいとかであれば問題ないかと思います。あるいは、休日の都合が付けやすい場合も良いですね。

そうでない場合は、例えばメール連絡の希望を出せる一括査定サイトを使ったり、ユーカーパックという一回の検査後にオークション形式で各業者から査定額が提示される業者などを使ってみたりすると良いでしょう。

10社に依頼する分、10社に電話番号などの情報を渡すことになるので、そういったプライバシー面を気にする人にもユーカーパックはおすすめです。

ただ、査定額を一番高くするという点では、やはり一括査定でそれぞれの業者とやり取りをする方法に軍配が上がります。交渉できるタイプの人であればなおさらこちらの方が査定額が高くなりやすくておすすめとなりますね。

まとめると、あまり査定対応に時間が取れなかったり、個人情報に配慮したい人はユーカーパックがおすすめですが、そういう点が気にならず、とにかく高く売りたいという人は通常の一括査定がおすすめです。

自分がどういう売り方をしたいかを考えて、適切な方法を選んでみてください。