車買取時の査定ではどういうところが確認される?

自称車買取マイスターのヨシロウです。

今回は車を売るときの査定で見られるところについて触れていきたいと思います。ディーラー下取り時でも車買取一括サイト利用時でも役に立つ情報なので、覚えておくと良いでしょう。

まず、車の査定額というのは「ボディの状態」や「走行距離」、さらに「査定士や買取店のニーズ」によって決まってきます。当然、車体の状態が良好で走行距離が短いものが高額査定になりやすいのですが、「査定士や買取店がその車を欲しいかどうか」も意外と関わってくるのです。

例えば、同じ車でもカラーによって人気が異なります。人気のカラーの方が売れやすいので、査定額が高くなりやすいということですね。買取店によってもそのあたりの評価は違ってくることがあるので、複数業者に査定依頼をすることは非常に有効なのです。

また、外から見たボディだけではなく、内装や装備品、修理の履歴も確認されます。内装は掃除をして綺麗にしておくに越したことはないですが、修理歴はごまかせないので変に隠そうとしなくて良いでしょう。

ボディに関しては前面・後面・側面だけでなく、ルーフやスライドドア、ガラス、タイヤなども余すところなくチェックされます。

それから、初めて車買取を行う人が気になる部分に「傷の修理」があります。数年も乗っていると、ボディに引っかき傷みたいなものができてしまうこともありますよね。これをそのままで査定に出すのか、それとも修理してから査定に出すのかを迷う人が多いのです。

これは、「そのまま出す」がほとんどの場合正解になります!

車の修理はタダではできませんので、よしんば査定額が上がったとしても、修理費用の方が高くついてしまうことが多いからです。

だからと言って自分で修理をすると、素人の手ではきれいに修復することができず、却ってムラが目立って悪い状態になってしまうこともあります。

車買取に慣れていない人が陥りやすいポイントなので、ぜひ気を付けてください。

こういった情報は上手にまとめているサイトがいくつかありますので、実際に車買取で査定を依頼する前に一通り目を通しておいた方が良いでしょう。最近見つけたものですと、Dr.車買取というサイトがあります。

楽天オートなどの車買取一括サイトについても紹介されているので、確認してみてはいかがでしょうか。