車買取一括査定サイトのデメリットとは?

自称車買取マイスターのヨシロウです。

それでは今回は、車買取一括査定サイトの一般的なデメリットについて説明していきます。

一括査定サイトのメリットは最大で10社程度の車買取業者に査定依頼を一括で出せる点です。しかし皮肉なことに、このメリットこそがデメリットも生みます。

それは、「最大10社の業者とやり取りをしなければならない」という点です。

一括査定依頼をする際には基本的に電話番号を登録します。すると、当然ですが10社依頼したら10社から査定日程調整の連絡が入るのです。

休日1日では終わらないと思いますので、人によっては少し負担に感じる可能性があるということですね。

家に対応可能な家族がいて、その人が車に関して多少詳しいとかであれば問題ないかと思います。あるいは、休日の都合が付けやすい場合も良いですね。

そうでない場合は、例えばメール連絡の希望を出せる一括査定サイトを使ったり、ユーカーパックという一回の検査後にオークション形式で各業者から査定額が提示される業者などを使ってみたりすると良いでしょう。

10社に依頼する分、10社に電話番号などの情報を渡すことになるので、そういったプライバシー面を気にする人にもユーカーパックはおすすめです。

ただ、査定額を一番高くするという点では、やはり一括査定でそれぞれの業者とやり取りをする方法に軍配が上がります。交渉できるタイプの人であればなおさらこちらの方が査定額が高くなりやすくておすすめとなりますね。

まとめると、あまり査定対応に時間が取れなかったり、個人情報に配慮したい人はユーカーパックがおすすめですが、そういう点が気にならず、とにかく高く売りたいという人は通常の一括査定がおすすめです。

自分がどういう売り方をしたいかを考えて、適切な方法を選んでみてください。

車買取一括サイトの概要

こんにちは、自称車買取マイスターのヨシロウです。

前回予告した通り、今回は車買取一括査定サイトの話をしていきます!

車一括査定サイトと言えば、有名なところで一括査定.comや楽天オートなどがありますが、いずれもネット上で車の査定依頼を出すことができるサイトです。

車買取を行っている業者が数多く登録していて、サイトにもよりますが最大で10社程度、一括で査定依頼をすることができるというものです。

査定依頼を行うと、こちらの開いてる日時に合わせて複数業者が査定にやって来ます。つまり、10社に依頼をすると10社分の査定額が分かるということです。

こちらとしては、一番高い査定額を付けた業者に売却すれば一番お得になります。複数の見積もりを取るからこそ、比較して一番高値のところを見つけることができるのです。なんと、場合によっては数十万単位の差が出ることもあります。

これがディーラー下取りだけで進めるのを僕がおすすめしていない理由です。

もちろん、アップルやガリバーみたいなところへ車を持ち込んで査定してもらってもOKです。ですが、一括査定サイトを使った方が一気に見積もりを集めることができます。

さらに、一括査定.comは登録業者がJADRIの審査を通過した優良業者だけだったり、楽天オートは成約で楽天スーパーポイントを1,500ポイントをもらえたりと、それぞれのサイトで独自のメリットがあるのも見逃せません。

ただ、これだけメリットがあっても車買取一括査定サイトを利用しない人というのはいます。それは、一括査定サイト特有のデメリットもあるからなのですが…、それについては、次回の更新で書いていこうと思います。

ディーラー下取りだけだと損する?

当ブログにお越しいただきありがとうございます。自称車買取マイスターのヨシロウです。

みなさんは車買取をしたことがありますでしょうか?車の走行距離的に5~10年くらいに一度のペースでチャンスが回ってくるのが一般的ですが、簡単に済まそうとしてディーラー下取りに出す人も多く、車買取をあまり経験していない人というのは多いものです。

ですが! ここではっきりと言いますが、絶対にディーラー下取りだけで古い車の引き渡し先を決めてはいけません。それは言うなら、もっと良いレストランがあるのに、いつものレストランにだけ通い続けるようなもの。試さないのは損なのです。

このブログは、車買取マイスターである僕が、車買取一括査定サイトについて色々と情報提供を行うために作りました。車をお得に売って新車の資金にしたい人、損することがとにかく嫌いな人、みんなに見てもらえると嬉しいです。

最初にディーラー下取りについて軽く触れておきましょう。ディーラー下取りのメリットは何と言っても手続きが簡単なことです。ディーラー担当者とそのままやり取りを行い、車を引き渡しつつ新しい車に替えることができるので、他の方法に比べてはるかに簡単です。

ただ、ディーラー担当者は自社の車の販売がメインの仕事であることや、ディーラーは中古車販売の業者に比べて車を高く売るためのパイプを持たない場合が多いなどの理由から、査定額は低くなる傾向にあります。

必ず査定額が低くなるとは言い切れませんが、他の見積もりを取らずにそのまま進めてしまうと、知らず知らずのうちに損をしてしまう可能性が高いということは知っておくと良いでしょう。

それを避けるために必要なのが、車買取一括査定サイトの有効活用です。次回の記事から、そのあたりを詳しく説明していきます!