知らなかった!ショッピング保険

27歳の会社員です。
今の会社に勤めて3年経つけど、つきあいや買い物が多くて貯金はあまりできていません_| ̄|○

なんとなく思ってたことですが世の中、何においても知らないよりは知ってた方がいいに決まってるんじゃないか、と。
ものを「知る」ということは「知識」でありその人の「財産」です。
まあ言うほど年齢の割に財産は持っていませんがil||li(つд-。)il||li
ただ、今は何かわからなくても今の時代はいつでもネットで調べたりできるし、余裕があればお金を払ってスクールなどで個人的に深く学習する方法があると思います。
ただそれは「○○を知りたい、○○を勉強したい」という明確な目的があった場合の話で、自分が考えもしなかった状況、トラブルなどには該当せず知らなかったために損をすることもあるのが現状です。

そう思うようになったきっかけはテレビでトラブルを題材にしたクイズ番組が増えたのもあります。
離婚問題で法廷内の審議をクイズにしてる番組などでも「そりゃ、旦那からお金とれないでしょ!」という内容でも弁護士の見解では真逆の答えを言って驚かされることも多々あります(∥ ̄■ ̄∥)
なんて理不尽な!と思っても法で定められてることが正解なのです。
結局、「支払い義務が発生する」ことになった旦那も自分の行動の結末がわかってれば事前に対処できるところもありました。つまり、払う必要のないお金を払うこともなかった。

僕が今まで知らなかったのがショッピング保険の存在。
商品を買うときに現金で買うかカードで買うかで同じ一万円でも待遇が違う部分もあるんですね。
後々の支払いを考えるなら一万円くらいは僕はは現金で出しちゃうところですが条件を満たしてカードで払えばショッピング保険が適用されるらしいですね。
ざっくり説明するとカードで購入した商品が破損したり盗難にあった場合などに補償してくれる保険です。
カード会社によって条件が違ったり限定されたりするのでよく調べておく必要はありますが。

これて決して損する話ではないので絶対に無くしたり壊したりしない、という人以外は高い買い物をする時は補償をしてくれるカード払いの方が安心ですね。

自分もそうなんですけど、契約とかて基本、面倒くさいと感じるから書類の細かい注意点やサービスなどあまりチェックしないんですよね。ただその辺の考え方は変えていく必要がありそうです。